二王子岳〜飯豊稜線 二日目(2015.4.21~22)



二王子岳〜飯豊稜線、二日目。二本木山から先は未体験ゾーン!

(※クリックで各写真大きくなります)



4時起床。朝ごはんを取り、身支度を整えて5:30出発!
シールで歩き出す

清々しい朝。そこまで寒くもない

山頂には立派な霜柱

守門、粟などなど...遠くの山々も見渡せる

二本木山に向けて出発!雪面は固く締まっている

横目で二本木山をスルー。一時間弱でこれた


二本木山からこれから進む尾根。不安と期待でいっぱい

二本木山からは一気に400mほど高度を下げる。まだ雪も固くて滑っても楽しくないだろうし、シールチェンジが億劫なのでそのままシールで下るが...

こんなところまでシールで下ってきちゃった!やっぱり滑っておけばよかったかも...

雪が締まっててシールが走る走る!怖かった!!

滑った方がラクだったかもだし、下から見上げる斜面はなかなか楽しそうで勿体なかった
さらに斜度が急になるのでアイゼンにチェンジ。肩にずっしりと...

誰の足跡でしょう?クマ!?

最低鞍部を越えると、雪が切れていてしょっぱなから藪こぎ〜!!重荷を背負った上に、担いだ板が引っかかりひっちゃかめっちゃか!少しの距離なのにすごい時間がかかる
おまけに気温もあがりバテバテ

雷岳の登りが始まる

上部は藪が出ているが...藪が出たところで左手にトラバースして直登。ここは藪をかわせた。が急斜面のトラバースは緊張!


守備よく藪をかわせたと思ったら、山頂部は藪...

雷岳から桝取倉山のルート

ここはむり。引き返して内ノ倉川の斜面をくだりそこからトラバースして尾根に戻る。急斜面の下りにトラバース、雪が緩んでアイゼンが効かない。何回か滑落しかける...高度を下げながらのトラバースが滑りやすいことを学んだ。それと、ザックも重いから滑りやすいのかな〜その分しっかりと踏み込む。

9:53なんとか、桝取倉山

山頂でしばし休憩。予定よりもだいぶ時間がおしている
歩き出してすぐ、ヤンゲン峰へのルートを観察。ヤンゲン峰との間の小ピークがどうにも大変そう。不安定に残雪が残っており、この先も相変わらず厳しそう
残念だけどここで引き返すことにする。今思えば、近くまで行って判断すればよかったと思う。が鞍部に下るのも一苦労、そこまでの気力がなかった

二王子岳がかっこいい!登り返し

苦労してきた道を引き返すわけで、慎重に気を抜かずに...

飯豊稜線の手前のピークが諦めたところ

やっと、難所を通過。あとは400mを登り返すだけ

2時間くらいかけて稜線に

二王子岳ピークはスルー。山頂に単独登山者がひとり。この時間だから泊まりかと思ったけどそのまま下っていった

三王子で滑降準備。いよいよ今回の山旅最初で最後のスノーボーディング!

もちろん、お花畑の斜面を

日が暮れてきた〜

18:15暗くなる前に下山!

滑走は三合目まで。板を小脇に抱えて下山
今回は残念な結果になったけど、憧れのルートに少しでも足を踏み入れただけよしとしよう!こうやって振り返ると、いけた気がしてくる...今度はいいタイミングにトライしたい


二王子岳〜飯豊稜線 二日目

2015年4月22日(水) 

メンバー; dsk(単独)

◯コース 


5:33△二王子岳ー6:19△二本木山ー7:29最低鞍部ー8:12△雷岳ー9:53~10:18△桝取倉山ー11:41△雷岳ー15:15△二本木山ー16:27滑降開始ー16:59五合目ー17:07三合目(一王子)ー18:15二王子神社

※休憩含む



0 件のコメント :

コメントを投稿