門内岳門内沢(2015.5.24)


田植えもおわり久しぶりの休み!そしたら行くしかないでしょう!二年ぶりの小国口、今回は初めての門内沢へ〜!

(※クリックで各写真大きくなります)


前夜のうちに梅花皮荘に前泊
僕の他にも同じようなクルマがけっこうな台数、待機中
今回、まだ林道が開通してないとのことなので急遽、自転車を積んできた。支度を済ませサクッと就寝
予定としては門内沢、時間があれば石転び沢を登り、北俣沢左俣を滑るつもり。翌日は3時半起き

予定通り、3時半起床!ストレッチで体をほぐし、バナナを食べて4:03スタート!足元はスニーカー
辛いところは無理せず自転車を降りて歩く、この自転車お尻が痛い!



4:41飯豊山荘通過。そのまま自転車で進む



4:52温身平到着



ブーツに履き替え、十字路先の橋に自転車とスニーカーをデポ
5:18最終堰堤。テントひと張り。
ここまでところどころ残雪あるけど、自転車押してくる方多い。後ろから自転車に乗ってきたスキーヤー到着

登山道崩落地点


ここ怖い!だいぶ人が通ってステップはあるけど、ザレていて滑りやすく慎重に通過
崩壊地点を越えたところで先行者に追いつく
うまい水手前の雪渓ポイント、スノーブリッジが崩壊寸前で使えずルート取りに苦労しているよう。下からまわっても崩壊した雪渓で右岸に取り付けそうもなく、左岸を大高巻き。雪渓が安定したところで渡る。薮を漕いで登山道に復帰

6:12地竹原

ここまで雪がないのははじめて。地竹原の少し先で雪渓にのる。がしばらく様子をみてそのまま歩く



北股岳

左岸よりを歩く。梶川出合いは左岸が出てきていたので手前で右岸に
そのまま右岸を進んでも良さそうだけど、先が見えなかったので左岸の登山道へ。ところどころ残雪が登山道を覆っていてその先の登山道へ直線ルートを取ったところ...ズボッ!
慎重に...周りにプレッシャーかけないように優しく片足を引き上げる。空いた穴からチラっと見ると人丈以上はある深さ。そのまま無防備で落ちていたら...と思うとぞっとします
油断大敵!どこでも細心の注意を払ってないと...さっきまで注意して歩いてたのに不甲斐ない!
その後は、へつりの登山道を行き再び雪渓に。この先は大丈夫そうなのでここでシール歩行にチェンジ

左岸の登山道の方へ

戒め。踏み抜き箇所。振り返ってみれば薄いのがよく分かる...

登山道から。右岸もまだ通れた

7:10石転びの出合いに。いいペースです
出合いに張られたテントのグループかな?石転び沢上部の急斜面を登るグループが。早〜!
門内沢の方は先行者無し。うーん、出合いから見ると、中間で屈曲してるのもあるけど石転びの方が断然かっこいいんだよな...思わず石転びに行っちゃうか!と思ったりもするけど誘惑を振り切り門内沢に足を踏み入れます
ここからはほぼ1000mの登り!

門内沢

石転び沢

右手に滝!

突如、バシッン!!何事!?と左岸の音の方を見てみると大きな岩が転がっていくところ。それにしても、雪に着地するまでにゴロゴロと転がる音がしてもいいものなのに何も聞こえなかった!びっくり!気を引き締めなおす

門内沢は右。左も良さそう

さらに進むとまた二俣。今度は左へ

この虫なんでしょう?

振り返る。だいぶ高度感増してきた!

いい斜面♪

門内小屋が見えてきた

もしかして、シールで行けそう!と二俣の先もシールのまま突っ込むがやっぱ無理〜!進退窮まる前にアイゼンにチェンジ。稜線直下はかなりの傾斜!短いけど石転びよりあるんじゃない?下をみると後続者が一名。
10:18門内小屋に。最後の詰めでだいぶへとへと〜


時間的にはすぐ滑り出して、石転びの出合い11時過ぎ、梅花皮小屋14時くらいには...となんとか行けそう
が、稜線上のなんと気持ちいいこと!そよかぜに吹かれながら、ウグイス、カッコウのさえずりを聞き、ぼーっと周りの景色を眺めて...気持ちよすぎ!こんな時に時間に追われながらがしがし登るのもな〜とあっさり予定変更!たしかに、門内岳の急登でめげたってのも手伝っている。
あまりにあまった時間をゆっくりランチにして、お昼寝して〜♪満たされた〜

門内岳から二王子岳に続く稜線。歩きたーい

赤津山。金尻沢?良さそうじゃん!

廃道になった二ッ峰への道。けっこう明瞭

門内岳から、飯豊山、梅花皮岳、北股岳

梅花皮岳、ほん石転び沢〜!エントリーポイントやばい。前日23日に滑った記録あり。よく見させてもらっている方だった。(→http://torasan819.exblog.jp/24046994/

ミネザクラが見頃でした

小屋に戻りダラダラターイム!職場の赤飯を頬張る。ロケーション最高!

食後の後はお昼寝。大岩に寝そべってウトウト...
12:18滑り降ります。二時間近く滞在。もっとゆっくりしていたいけど、どうしてもこの日見たい映画があるので...
いちおう山頂近くから滑る。そういえば、後続の人は?と思ったら門内岳に直接登り上げていた。それもシールで!すごい。この方もよくBlogを見せてもらっている方でした→(http://blog.livedoor.jp/superdioaf27/archives/51981566.html#more

門内小屋を振り返る

落ちまーす!


今日崩れたあと

12:36石転びの出合い

石転びの方も楽しそうに滑っていた

雪渓の様子。綺麗だけど怖い


あっという間に、雪渓末端まで
面がいいのは上部のみ。そこまで荒れてないように見えて、芯が硬いのか足にくる。土踏まずがめっちゃ痛い!休み休み滑るがもう消化試合
板を背負って最後の一踏ん張り〜

やはり今朝大高巻きしたうまい水手前の雪渓ポイントは崩壊していた〜

最終堰堤。自転車がいっぱい!


温身平までくればあとは楽チン!基本下りなのでスイスイ〜♪うーん爽快!この日イチバン楽しかったな。でも、自転車だけではダメ。辛い急登を登り、足の痛みに耐えて滑ったからこそ楽しいんです♪
14:48下山!隣のクルマが井上さんだった〜!西俣ノ峰から登ったそう
いつものごとく梅花皮荘で汗を流す。まさかのわかぶなパトのTさん一家とばったり!
5:45の映画にも滑り込みセーフ!
予定は変わったけど、うまくいったいい一日★




門内岳(1887m)

2015年5月24日(日) 

メンバー; dsk(単独)

◯コース

4:03梅花皮山荘ー4:41飯豊山荘ー4:52温身平(自転車デポ地点)ー5:18最終堰堤ー6:12地竹原ー7:10石転びの出合いー10:18~12:18△門内岳ー12:36石転びの出合いー12:49滑走終了ー14:01最終堰堤ー14:14温身平(自転車デポ地点)ー飯豊山荘ー14:48梅花皮山荘

※休憩含む




かなりトラックずれてます。特に石転びの出合い〜地竹原の区間。行きも帰りも乱れてるからそうゆう地形なのか?

0 件のコメント :

コメントを投稿