ダメ元で鳥海山(2015.12.13)


行ったら意外と楽しめたー!
事前情報だと土曜の月山はカチカチで緩まず、日曜は日射もあまりなく緩まないんじゃないとゆう情報をいただき、どっちみち滑りが楽しめないんだったら違うところ行ってみよう企画
そしたら意外と楽しめた。ガスが急に晴れて外輪がバーンて見えた時にはきて良かったと心の底から思った

(※写真クリックで拡大)



前夜の内に登山口へ
車は牧草地?を過ぎた最初のヘアピンカーブまで。誰もいないと思ったら一台停まっている
出発の準備を済ませアラームをセットして就寝
4:40起床。最初のアラームは3:30にセットしたはずで...
ご飯を食べてヘッドライトをつけて5:00しゅっぱーつ!
外に出るとキリッと寒く、身も心も引き締まる
空は満天の星空!と少し酒田方面の海上に雲があるっぽい
ふたご座流星群のピークが近いからなのか流星も何個か見えた


車道歩きが長い今回もスプリットで

いつの間にか曇りベース!上部は見えない....

どんより雲がのしかかる

眼下に鶴間池。ノゾキから

ショートカットしてもこんな感じ

つづら折れの車道ショートカットしたくてもなかなか...

8:06車道終点!3時間かかってようやく

普段なら宮様ルートを行くけど雪もなく車道を歩く
途中途切れそうなところが二箇所。ギリギリ通れた。帰りは無理
見晴らしのいい910m付近のカーブでいっぽん。ここまでショートカットは一回もできず!空は明るくなりいつの間にか一面に雲が覆っていた...
予報だと、午前中はいいはずなんだけどなぁ〜。滝の小屋まで行ってダメだったら下って高速で月山行っちゃう?なんてプランも考え出したり...
上部になるとようやくショートカットできるところも出てきたけど、藪は濃い。一箇所強引に行くも登れず板を外して登った
約3時間かかってようやく車道終点に。トイレは施錠されていて入れない

登山道を歩いていると...

キター!!

歩いてきた道

登山道を登っていると、急に上空の雲が薄くなっていき雲が抜けたー!目の前にはドーンと佇む外輪!ここまで諦めずに本当に来て良かった。

雲海と上層雲に挟まれて月山

と思いきや、雲が〜

あらら...

と、数十分でまた雲に覆われてしまうが、日本海側には青空も見えていることからまた雲が抜けると信じて登り続ける

抜けた

写真で見てわかるとおり、斜面テカテカ
雲海がすごい。下に目をやると車道終点のトイレ付近になにやら人影発見。登山口にあった車の持ち主かな

遠く雲海に浮かぶ東北の名峰。名前はわからない


台地にのぼりあげた。風が当たり始める

夏道の雪渓の一本となり写真中央を登ることにする

最後の詰めの前にいっぽん


外輪直下に取り付くところで後ろに単独のスキーヤーの姿が見えた
いつの間に!は、早い!
ルンゼ状になっているところを登った上部でシール登行は厳しくなり、アイゼンにチェンジ。準備してる間に単独のスキーヤーは先行。スキーアイゼンで外輪まで直接登り上げた
スキーアイゼン必要だな...
20分ほどアイゼンに履き替えたり、板くっつけたり。もっと手際よくしないと

んー、雲が....

七高山へ向かう

11:58山頂へ

遅かった!外輪に登り上げた時には雲の中...
晴れそうにはないし、せっかくなので七高山まで行くことに
板は登山道分岐の標柱にスリングで繋いでデポ
外輪稜線は風が強い。ガスがかかっているけど稜線上を歩いていけばいいだけなので問題なし。30分ほどで七高山へ
先ほどのスキーヤーも休憩中。七高山はさっきまでの強風とは打って変わって穏やか。ほぼ無風で快適。
聞くところによると朝6:30に出てきたらしい!わたくし5:30...1:30遅く来たってのに...すげー
それもそのはず。この方、有名Blogのロングルートスタイルなお方だった!とゆうことは先々週の姥のリフト下駅でも会ってる
これ以上天気が悪くなる前にお先に下ることにする
帰り道は細かい雪も降ってきて風とともに顔に叩きつけてきていたい
滑降準備を整えてきた道を滑り降りる

んー、見えない...

途中で見上げる

登ってきたルンゼを滑る

滑り出しは急なクラスト斜面。視界不良もあって慎重に
少し斜度が緩むとオープン、そこから登ってきたルンゼと思われるところに滑り込む
ルンゼの真ん中あたりで見覚えのある地形が出てきて登ってきたルンゼとわかる

ここまでくると雲から抜ける

スキーヤーも降りてきた

まだまだ楽しめる!

下部は雪が緩んで柔らかい!楽しい!
板もスイスイ走る。河原宿の台地も板を外すことなく通過
荒木川沿いを滑るけど途中でトラバース、滝の小屋裏の斜面を滑り滝の小屋に立ち寄る。滝の小屋までくると雪は雨に変わっていた。中に入れることを確認していっぽん

滝の小屋に立ち寄る

テクニカルな登山道をヴィッテリーターンでこなし車道終点に降りる
あとは登山道を滑って下るだけで楽チン♪と思いきや、板が走らない!
太ももプルプル!何回も休みながらショートカットできるところはしてやっとやっと車に戻る。超人スキーヤーはすでにおらず
外輪直下の登りと車道降りがかなりしんどかったー!!

この時期、車道歩きが長すぎるのでなかなか...もっとショートカットが使えたら、あるいは宮様ルート行けたらもう少し変わると思うけど
でもそこさえ頑張れば、人も少ないし楽しめるのでは
姥の週末は人が多いからね〜
もう少し雪が欲しいところ!

締めは、久しぶりの鳥海山荘で温泉。脱衣所あつすぎじゃなーい?汗かいた〜




鳥海山、七高山(2229m)

2015年12月13日(日)
 
メンバー; dsk(単独)

◯コース

4:59駐車地点(最初のヘアピンカーブ)ー8:06車道終点ー9:53~10:05休憩(1680m付近)ー10:52~11:12アイゼンにチェンジー11:28外輪(登山道分岐)ー11:58~12:06七高山ー12:28分岐ー13:10滝の小屋ー14:20駐車地点

※休憩含む



下りは電池切れによりなし。楽しみにしてたのに...

0 件のコメント :

コメントを投稿