屏風岳(2016.3.17)


予報は晴れマークのみのどピーカン!suhくんと意気込んで行くものの稜線直下でカチカチ斜面にリタイヤ〜
アイゼンはクルマの中...持っていくべきだった〜

(※写真クリックで拡大します)


東北大学高層観測所までクルマでこれた
来る道中で薄々感づいていたけどかなり強風!車内に引き返し審議
お昼くらいには弱くなる予報、他に行くあてもないし、ダメだったら引き返すことにして行けるところまで行くことに

ビブナンバー150番とスタート

雪は微妙に...繋がってはいなかった

秋山沢コースへ

まだクルマが通れるような道。しばらく行くと登山口の看板があり車道と分かれるが雪がないのでそのまま車道を進む

屏風岳が見えてきた

休憩!

屏風岳が一望!

左手には懐かしの水引入道...!

どこを滑ろう?

だいぶ近くなってきた

尾根に単独の方発見!

やっと屏風の壁取り付きに

えぼしスキー場からであろう単独登山者が尾根に取り付いていた。取り付き付近にも大人数パーティーが休憩中
僕らも尾根に取り付くことにしてしばし休憩
さきに先ほどのパーティーが登り始めたところ少し離れたあたりで新しく積もったところで雪崩れた
規模は小さいけど自然発生か?伝播か??初めてみた

雪崩れたところ。規模はクラスは0.5くらい?それにも満たない?


さて、我々は尾根を行くことにしたので尾根上には新しい積雪も無く雪崩れの心配はなかったけど登るにつれ斜面は急になり、雪面はカチカチ...!
気づけば登るも下がるもできない状況に...なんとか潅木のそばまで行き、潅木にザックをビレイ。ザックを降ろしてシャベルを取り出し足場を作りなんとか一息〜危ない危ない
アイゼンはクルマのなか。いるか迷って置いてきちゃったけど持ってくるべきだったぁ〜なんて後悔してると、上からガリガリって音とともに氷の粒が流れ落ちてくる!先ほどの単独スキーヤーの方でした。
山頂からトラバース気味に滑ってきたけど雪崩れ起こしちゃったとかで不安定だから君たちも気をつけてね!こっちもさっきそこの斜面雪崩れました!みたいな会話を交わし滑り降りて行きました...汗
ザックから板を外し板を装着!別の潅木にエスケープしたsuhくんのところまで滑り潅木にビレイ
また足場を作りsuhくんも板を履いたところで一人づつ下まで滑り降りて無事脱出!そのあともいろいろあったけど時間も取られたしモチベーション低下につき屏風の壁を見上げながら大休止!
ふー、また今度来よう。遠い目...


またくるねー!

ノールック滑走!2秒(笑。全体的にタイト

そして藪!


帰ってきた〜♪


大休止のあとは秋山沢右俣を二俣手前まで滑って往路に合流。
右俣で先ほどのパーティーのトレースもあった
少しの登り返しあり、全体的にタイトツリー、車道は藪。笹薮をいいスピードでかき分けながら滑るのが楽しかったなぁー!
この課題は来年に持ち越し!春はアイゼン必携!



屏風岳 (稜線直下1654mまで)


2016年3月17日(木) 

メンバー; suh , dsk(2名)

◯コース

7:46東北大学観測所ー7:53秋山沢コースー12:43/1654m付近ー13:15~14:00大休止ー15:12東北大学観測所

※休憩含む




0 件のコメント :

コメントを投稿