大荒川本流〜エノクラ沢(2016.6.19)



沢登り今年一発目は沢登り初めてのwtbさんとGO!
釣りもできて簡単なところ。ってことで魚止めの滝から大荒川を釣り上がりエノクラ沢を詰め上がるとゆうことになった
大荒川は魚止めの滝からは入ったことがないし、エノクラ沢は去年入った時に詰めを間違えて本流を遡行できなかったのが引っかかっていたところ
意外にもエノクラ沢は魚影が濃かったのだ

(※写真クリックで拡大)

6:00登山口待ち合わせ。6:20魚止めの滝から入渓

魚止めの滝を越えるとすぐの大釜をもった滝

魚止めの滝を越えると大釜を持った滝が二つ。左から越えた

堰堤。左から越える

竿を出しながら


竿を出しながら釣り上がるが、全く釣れない...
そもそもぜんぜんイワナを見かけないからいないことにしよう...

ここも越えられず...少し戻り左岸から巻く


癒されるわ〜

その後、登れない滝が二箇所ほど。右岸から巻いたら登山道に出てしまう。そのまま登山道を歩き山葵沢を使い本流に戻る
が、またすぐに登れない滝が現れる。右岸から巻いたらまたしても登山道から最終堰堤へと続く踏み跡にでた。また戻るのも面倒なのでこのまま踏み跡を歩き、直接エノクラ沢へ行くことに
もう登山道をはなれた踏み跡になってるからすぐエノクラ沢に着くだろうと思ったけど意外とかかった!

これがエノクラ沢。倒木の詰まった滝からスタート!

大滝15m上部

前回はスルーした大滝15mもその手前の滝も今回は登れた

下の滝は登れたが、上の滝は登れず右岸巻き

やがて、650m二俣へ
前回ここで左俣に入ったが、本流は右俣
右俣は出合いで滝となって落ち合うが、上部も連瀑になっていてどれも直登は難しそう。出合いの滝からまとめて左岸から巻いた

あとは渋い小滝が続く


階段状滑滝。水量少なく、写真映えしない...

だいぶ水量も少なくなり...




水もなくなり、沢型も不明瞭になり少しの藪漕ぎで登山道に出る
ちょうど登ってきた登山者にきくと松平山へは15分程度ってことなので山頂まで行くことに
山頂で沢装備を解き、昼休憩。
ちょうど、豊浦山岳会のグループがお昼をしていて天ぷらをご馳走になる!山の上でホタテのてんぷらを食べれるとは思わなかった!おいしかったですごちそうさまでした。
あとは一気に下山。早く着くかな?と思ったけど意外に遠かった!
魚止めの滝で洗濯して下山。

出湯の寺の湯へ。暑いときはぬるめのお湯でさっぱり
風呂から駐車場に歩いてる間に土砂降りの雨!雨予報はなかったのに。山で降られなくてよかった









大荒川・エノクラ沢


2016年6
月19日(日)
 
メンバー; wtbさん、dsk(2名)

◯コース

6:20魚止めの滝ー8:25エノクラ沢ー登山道ー松平山ー魚止めの滝

※休憩含む

0 件のコメント :

コメントを投稿