BC竜門山(2017.4.30)


初めての山滑りで朝日連峰!
コースは今の時期では入山しやすいであろう日暮沢から夏道ルートで竜門山へ

(※写真クリックで大きくなります)


この時期の車は通称”アメリカ橋”まで入れた
土曜から泊まりで入山してる人がいるのか車が数台すでに止まっていた
最初からシールで車道を歩き出し〜。が途切れているところも何箇所かあり履いたり脱いだり
そうそう!クマスベリ沢を越えた次の沢で熊に遭遇!と言っても向こうが先に気づいてすでに逃げるところで斜面の影に逃げ込むところのお尻を目撃しただけ


水芭蕉の大群生地


稜線が見えてきた


日暮沢小屋手前の渡渉地点

ブーツが濡れそう。と躊躇して上流の方を見てみると、、、
いいの見っけ♪

近くまで寄ってみると
大、小の橋がかかってる

大きい方は根っこが邪魔でこちら側からは大変そうなので行きは小さい橋を渡り対岸へ
夏道の尾根はすぐそこ。夏道が出ていてしばらく雪はつながらなそうな雰囲気なので板を担いで歩く


尾根上はイワウチワがいっぱい



おぉ〜月山がカッコイイ!左の山は竜ヶ岳かな


尾根も広くなり気持ちのいい歩き


ここは滑ったら楽しそうだ!


鳥海山も顔を出してきた。1359m台地状に乗り上げるところから
ここら辺から風が強く当たってくるようになる


写真中央右寄りが大朝日。左から古寺山、小朝日かな


左が大朝日、写真中央右寄りが竜門山、右の魅惑的な斜面を展開している山がユーフン山
竜門山遠い!

ユーフンと清太岩山のコルに難所の予感


難所を越えて振り返る
難所を越えたところで休憩してると単独スキーヤーの方が先行


ユーフン山から竜門山と竜門小屋


先行者に習い行けるところギリギリまでスキーで行く!


竜門山山頂!大朝日方向


こちらは以東岳方向!かっこいい!


夏もきたことあるけど竜門のピークって判然としないよね〜


岩井又川とその先に鷲ヶ巣山


それではお楽しみの、、、
根子川赤倉沢の源頭部を滑る


もっと滑れるのだけど急に理性が働き大トラバース!苦笑


ここから稜線まで100mちょっと登り返し!
斜度が急でちょっと心配


無事に登り返し完了!滑降ラインと登り返しルート
よくみると見える。大きくジグを切りながら滑落しても止まるところを選んで登高。なんとかシールで行けた


ユーフン山の斜面はまたすぐに清太岩山への登り返しがあるのでシールをつけたままスキー滑降!

単独スキーヤーのトレースが清太岩山のコルの所で合流。
単独の方は竜門山には行かずに小屋の方に歩いて行ったけど、、、
なるほど。そっちの方が理にかなっている。勉強になります!今度はそちらのルート行ってみよ〜



ここ楽しかった!

あとは消化試合。夏道の出ていた尾根取り付き部分も尾根を外せば雪がある。下までほぼほぼ滑って降りれました〜


雪代で増水


帰りは大きい橋を利用


竜門山(1688m)

2017年4月30日(日)
 
メンバー; dsk(単独)

◯コース

4:31除雪終了地点ー6:07尾根取り付きー9:28清太岩山ー10:10ユーフン山ー10:58△竜門山ー11:25赤倉沢滑降ー11:30登り返しー12:19ユーフン山コルー12:33ユーフン山ー13:05清太岩山ー14:53日暮沢渡渉点ー16:18除雪終了地点

※休憩含む






下山後のお楽しみ

お風呂は大井沢温泉。300円と安くていい。温泉もすべすべ系

鶴岡に出てつるおか屋でガッツリラーメン!食べて帰宅


0 件のコメント :

コメントを投稿